Being Art について

信頼 ─ありがとう。

画:矢口 詩穗里 SHIHOLI YAGUHI

2010年2月制作   
パステル、アクリルガッシュ、シリウス紙

 

絵からのメッセージ:

神はあなたに感謝しています。


万物の神聖さがあなたに感謝しています。


ありがとうございます。


Being Art(ビーイングアート)は、画家の SHIHOLIがハイアーセルフを通して「大いなるすべて」「一なる意識」とつながりながら直感とインスピレーションのままに描いた絵画作品です。

 

尚、このアート表現における「Being」という言葉は、「存在」「今この瞬間」を意味するとともに、「真の自己」「大いなるもの」を表します。

 

Being Art には、作品タイトルの中に「信頼」という言葉が副えられています。これは、本来のわたしたちである「神の愛」を信頼するという意味であり、また、「本来の自分」を信頼するという意味を込めて表記しているものです。

 

Lightworker SHIHOLIは14歳で芸術の道を志し、大学・大学院で芸術を専攻し修了しました。その後、光の絵を描く媒体として目醒め、2008年からBeing Art を一貫して描き続けるようになりました。

 

絵を描いているとき、そばに光の存在たちや天使たちがいるのを感じています。いつ、どのタイミングから絵を描き始めればよいのか、筆を止めるときはいつか、などを優しく伝えてくれる存在たちです。SHIHOLIのハイアーセルフと自分自身、そして多次元的な光や天使たちと共に、Being Art を共同創造しています。

 

もともとは、SHIHOLI本人が心身を癒やすために始めた絵でした。それがいつの間にか、絵をご覧になってくださった方々から「元気をもらった」「勇気づけられた」などのご感想を頂戴するようになりました。わたし自身もたくさんの人々に励まされ、応援していただきました。

 

そして現在では、自己表現の領域を超えて、ライトワーカーとして惑星地球で光を発することを明確な目的としながら絵筆を執り続けています。

 

Being Art が皆様の人生に何かひとつでもお役に立てるなら嬉しく思います。

 

 

本来のあなたは「無限なる存在」です。

限界のない力と豊かさ、そして真の喜びに満ちた状態。

それが本当のあなたです。

 

 

Lightworker SHIHOLI