スピリチュアル・ブックス(参考文献)

このページでは Lightworker SHIHOLI がスピリチュアルに目覚めていく過程で出会った書籍を参考文献としてご紹介します。

 

スピリチュアルな探求の道は人それぞれです。一冊の本が人生を大きく変えることもあります。ご自身の直感と感性を信頼し、自由意志で読むことが大切です。そして、どんな情報を読むときであっても、健全な疑念を持ち続けることが大切です。フィーリングに合わない情報については、感謝をしてから宇宙へ返還してあげてください。

 

このページに掲載している本に限らず、あなたに合った一冊と出逢えますよう、お祈りいたします。あなたにとって素晴らしいスピリチュアルな旅が訪れますように・・・。

 

 

 

 


 

クライオン ジャーニー・ホーム マイケル・トマスと7人の天使の物語

著者:リー・キャロル

出版:ナチュラルスピリット

https://www.amazon.co.jp/dp/4931449964/

 

主人公のマイケル・トマスが旅先で出会った7人の天使たちとの物語です。読み物としても楽しいですし、ライトワーカーとしての智慧を持つためのテキストとして読んでみても面白い本です。

 

 

 

リー・キャロル(Lee Carroll)と彼がチャネリングするクライオン(Kryon)について知りたい人は以下のページをご覧ください

 

Kryon.com

http://www.kryon.com/menuKryon/menuKryon.html

(英語のページです)

 

 

 

ライトワーカー・ジャパン

https://lightworker-japan.net

 

ライトワーカー向けのページです。LightworkerMikeさんが海外のチャネラーたちが伝える高次のメッセージをわかりやすい日本語に翻訳し掲載してくださっています。無料で閲覧できるページと有料会員向けのページがあります。リー・キャロルがチャネリングしているクライオン(Kryon)についても有料ページで閲覧することが出来ます。

 

 

 

 


リ・メンバー 人類の進化のためのハンドブック

著者:スティーブ・ロウザー&ザ・グループ

出版:ナチュラルスピリット

https://www.amazon.co.jp/dp/4903821382/

 

「お互いに、より良く演じて、尊敬し合ってください──。」ザ・グループという天使たちの集団が伝える深遠なメッセージがたくさん散りばめられた本です。スピリチュアルな旅を始める前や旅の途中で読んでみると、何か発見や気づきがあるかもしれません。

 

 

スティーブ・ロウザーと妻のバーバラ、そしてザ・グループに関するチャネリング情報について知りたい人は以下のページをご覧ください。

 

ESPAVO International

http://international.espavo.org/?page_id=3752

(日本語版)

 

 

 


ライトボディの目覚め

著者:タチ・レン

出版:ナチュラルスピリット

https://www.amazon.co.jp/dp/4931449085/

 

ライトワーカーとして目覚める時に経験する事柄を詳しく掲載している本です。多次元性を理解したいときやスピリチュアルな何らかの状況が訪れた時に読み返すと、もしかしたら学びが深まるかもしれません。

 

 

 


エレガント・エンパワーメント

著者:ペギー・フェニックス・ドゥプロ

出版:ナチュラルスピリット

https://www.amazon.co.jp/dp/4864511616/

 

身体の周囲に存在する電磁気的なエネルギーフィールドを調整するための方法:EMFバランシング・テクニックⓇに関する情報が掲載されています。スピリチュアリティと科学の両立によって書き留められている一冊です。情報量が豊富であり、ヒーリングを超えた真の叡智を学ぶのに適しています。準備が出来た者が手にする書籍かもしれません。

 

 

EMFバランシング・ワークについて知りたい人は以下のページをご覧下さい。

 

The Balancing Work - EMF worldwide

http://www.emfbalancingtechnique.com/index_home.php?phpLang=en

 (英語版のページです)

 

 

 


フラワー・オブ・ライフ 古代神聖幾何学の秘密 第一巻 第二巻

著者:ドランヴァロ・メルキゼデク

出版:ナチュラルスピリット

https://www.amazon.co.jp/dp/4931449182/

https://www.amazon.co.jp/dp/4931449727/

 

神聖幾何学に関する古代の叡智を学びたい人にお薦めの本です。難解ですが読み応えがあります。この本に記載された神聖幾何学の構造がある程度わかるようになると、物事の見方が一変し始めます。

 

但し、本の中に記載された超古代文明については、鵜呑みにせず、健全な識別力を保った状態で読み進めることを強くお勧めします。フィーリングに合わない箇所分は手放した方が良いかもしれません。

 

神聖幾何学の図形については、出来れば実際にご自身で作図しながら読み解いていくと、理解度が更に増していくことでしょう。

 

 

 


カバラの宇宙 生命の樹

著者:ゼブ・ベン・シモン・ハレヴィ

出版:出帆新社

https://www.amazon.co.jp/dp/4861030153/

 

古代の叡智であるカバラの情報が記されている一冊です。難解ですが、ヘブライ語のカバラの用語を覚えると理解が早く進みます。ある程度の人生経験を経たうえで、健全で良識ある識別力を身につけてから読んだ方が、カバラの叡智を真摯に学ぶことが出来ると思います。なので、この書物は読み手を選ぶ本だと言えるでしょう。

 

 

 


ゴッド・コード

著者:グレッグ・ブレイデン

出版:ダイヤモンド社

https://www.amazon.co.jp/dp/4478008108/

 

人間のDNAのコードと古代の文献に記された情報の共通項を探求する一冊。カバラの「形成の書」のほか、「死海文書」「ナグ・ハマディ」「エノクの書」などを読み取りながら、アルファベットを数字に変換し、人間のDNAの塩基配列と古文書との関係性を読み解いていきます。ヘブライ語やカバラの内容がたくさん登場する本であるため、慣れていないと読み進めるのが大変かもしれません。しかし、もしかしたら人間のDNAは宇宙の進化した存在たち(神々?)によって創造されたものかもしれない、、、という壮大なビジョンが浮かび上がる本ですので、読み応えがあり、楽しめると思います。

 

 

 


エノクの鍵 宇宙の仕組みを解明し、本来の人間へと進化させるための光の書

著者:J・J・ハータック

出版:ナチュラルスピリット

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4903821781/

 

大天使メタトロンのもう一つの姿であるエノクが伝えるメッセージを、J・J・ハータックが書き取った書物です。通常の人間意識とは異なる意識レベルから記された本であるため、読み進めるのはかなりたいへんです。しかし、この本にはマカバや多次元的なDNAなどの情報が記載されているので、スピリチュアリティを探求するうえで必要な基本用語が理解出来るようになります。

 

 

 


投影された宇宙 ホログラフィック・ユニヴァースへの招待

著者:マイケル・タルボット

出版:春秋社

https://www.amazon.co.jp/dp/4393366247/

 

「私たちの世界はすべて、時空を超越したレベルからの投影である」

数多くの科学者たちのインタビューに基づいた書籍です。現実がホログラムであることに気づかせてくれます。

 

 

 


驚天動地 クォンタムが解きあかす「世界の秘密」

著者:アミット・ゴスワミ

出版:VOICE

https://www.amazon.co.jp/dp/4899764308/

 

日本に来日し、貴重な講演を行ったことがあるアミット・ゴスワミ博士。彼は世界的に著名な量子物理学者であり、クォンタム・アクティビストとして知られているで世界的な科学者です。この本はVOICE社の喜多見氏とゴスワミ博士との対談集であり、ゴスワミ博士の膨大な情報量のほんのごく一部が掲載されているものです。行間に込められた博士が本当に伝えたい内容を汲み取りながらでなければ読みこなせない本ではありますが、日本では彼の著書はほとんど翻訳されていないため、この本は国内では貴重な一冊だと言えるでしょう。

 

 

アミット・ゴスワミ博士のページ(英語版)

http://www.amitgoswami.org

 

 

 

 


インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯

著者:田中嫺玉

出版:ブイツーソリューション 

https://www.amazon.co.jp/dp/4434131737/

 

インドの聖人:ラーマクリシュナ、別名:ゴダドルの生涯を描いた本。とにかく彼は無邪気で自由!自由!自由!!読んでいると小さなことがどうでもよくなっていきます。

 

 

 


小説ブッダ いにしえの道 白い雲

著者:ティクナットハン

出版:春秋社

https://www.amazon.co.jp/dp/4393332792/

 

ガウタマ・シッダールタの生涯を小説のように描いた本。海外ではこの本を「経典」として位置づけているそうですが、日本では小説として出版されているようです。シャカ族の皇子がどのような道を歩み、悟りを開いたのか、そしてその後、弟子たちに何を教え伝えたのか──。その詳細が手に取るようにわかる本です。日本に伝来した仏教とは異なり、この本では主に南方系の仏教経典をベースにまとめ上げられているため、曖昧さが回避され、理解しやすい本だと思います。呼吸法についてもわかりやすく記載されているので、実践することも可能です。

 

 

 


ラブ・イン・アクション 非暴力による社会変革

著者:ティクナットハン

出版:溪声社

https://www.amazon.co.jp/dp/4795275289/

 

ティクナットハンが実際に経験したベトナム戦争の体験やボートピープルの話に基づいて書かれた本です。この書物の後半に登場する若い青年たちのストーリーはとても美しく、尊く、そして儚いものがあります。戦争や死の恐怖を超えて人を愛すること、そして、人間の尊厳を教えてくれる本です。

 

・・・わたしの人生の在り方に大きく影響を与えてくださったのが、ティク・ナット・ハンです。彼の他の著書も書店で見つけたら、是非お手に執ってみて、お読みいただくと良いかもしれません。

 

 

 


A Course in Miracles

Dr. Helen Schucman 

Foundation Inner Peace

https://www.amazon.co.jp/dp/0670869759/

 

奇跡の道

翻訳:田中百合子

出版:ナチュラルスピリット

https://www.amazon.co.jp/dp/4864511985/

 

奇跡講座 テキスト編・ワークブック編・マニュアル編

翻訳:加藤三代子

出版:アート出版

https://www.amazon.co.jp/dp/4813606547/

 

「ア・コース・イン・ミラクルズ/ACIM」は、キリスト意識をヘレン・シャックマン博士が書き取った書物として世界的に有名な本です。個人差はありますが、読んでいると、本の中に記された神聖な言葉とは裏腹に自分の中で燻っていた自我の声を強く感じてしまったり、頭が殴られるようなインパクトがあったりします。わたしはこの本を読んだことによって、この世界の幻想性を明確に知る機会を得ました。但し、この書籍の用語の使い方は独特の解釈をしているため、読み方を誤ると自己流の間違ったスピリチュアルな解釈をしてしまいがちです。なので、読み方には注意が必要です。

 

日本語版で学習するときは、以下のサイトで内容を確認しながら読み進めると良いでしょう。また、この本を読んでいる間は、他のスピリチュアルな本は読まない方が良いと思います。なぜなら、ACIMは用語の使い方が他のスピリチュアルな書物と異なる部分が多いため、混乱してしまうからです。けれども、じっくりとこの一冊を読み進めると、読み終える頃にはきっと大いなる神の愛に包まれているのを感じることでしょう。

 

JACIM(ジェイシム)

http://www.jacim.com/acim/

JACIM = JA (日本語) + ACIM (ア・コース・イン・ミラクルズ):
JACIM(ジェイシム)は、『奇跡講座』を学ぶ人々のために、Foundation for A Course in Miracles (FACIM)からの学習資料を、日本語で提供するサイトです。